にきびケアをしっかりしてにきび跡が残らない美肌で明るく過ごしましょう。

2009年06月21日

にきびの治療方法とは?

「にきび」ができる原因には遺伝的要素もありますが、過剰な皮脂、新陳代謝の低下、生活環境からくるストレスなどが考えられます。
そのため、にきびの治療をするためには、まず、にきびの原因を究明することが大切です。
一般的なにきび治療方法としては、食生活を含めた生活習慣の改善があげられます。
また、にきびができる原因には、衣服や寝具も含めた不衛生な環境も関係しますので、自分の身の回りを常に清潔に保つことも大切です。
にきび治療薬も効果がありますが、市販薬を使うよりは医師の診断を受けた上で適切な薬を処方してもらうほうがいいでしょう。
漢方薬は体質改善の目的で使用することが多いのですが、にきび治療方法としても効果が期待できます。
そのほか、化粧品を変えることや美容外科でスキンケアの専門的な治療を受ける方法もあります。
にきび治療のためには、これらのなかから自分に合った方法を選び、経過をみながら組み合わせて行うことが大切です。



posted by にきびケアナビゲーター at 17:34| Comment(1) | TrackBack(0) | にきび 治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

にきびの治し方

肌にできると気になるにきび

にきびには4種類あるのをご存じでしょうか?


にきび別に治し方を公開します。


にきび治し方>白にきび

初期段階のにきび。
肌が脂っぽいなと感じるようになったら
洗顔に気をつけましょう。

白にきびはまだ炎症が起きていないので刺激しないのが一番大切です。



<にきび治し方>赤にきび

炎症を起こして赤くなったにきび。
痛みが伴います。

軽い赤ニキビは塗り薬で治りますが
炎症がひどい時には飲み薬も必要です。



<にきび治し方>黒にきび

毛穴が開いて、毛穴に詰まった汚れが黒く見えるにきびです。

小鼻などに良く見られます。

汚れが原因なので、こまめに洗顔しましょう。



<にきび治し方>黄色にきび

にきびが化膿により黄色く見えるにきびです。
痛みが伴います。

跡が残りやすいので、専門家の治療が必要です。



それぞれのにきびの治し方をお伝えしましたが、
生活習慣もにきびに大きく影響しています。


バランスのとれた食生活やたっぷりの睡眠時間、
上手なストレス解消
などで内側からもにきびを治していきましょう。


posted by にきびケアナビゲーター at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | にきび 治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。