にきびケアをしっかりしてにきび跡が残らない美肌で明るく過ごしましょう。

2009年06月21日

にきびができたら 〜やってはいけないこと〜



「にきび」には、「白にきび」「黒にきび」「赤にきび」「黄にきび」という、大きく分けて4つの種類があります。
また、「炎症性のにきび」と「炎症性のないにきび」という分類方法もあります。
にきびができると、ついつい患部が気になって無意識に触ってしまいます。
特に、炎症性のにきびは痒みも伴いますので何度も潰してしまい、治りが遅くなるばかりか「にきび跡」として残ることもあります。
にきびができたら「やってはいけないこと」はいろいろありますが、一番簡単そうで難しいことが「にきびを潰さないこと」です。
また、適量を超えた使用をしないなど、にきび治療薬に頼り過ぎないことも、にきびができたら「やってはいけないこと」のひとつです。 
【関連する記事】
posted by にきびケアナビゲーター at 17:36| Comment(62) | TrackBack(0) | にきび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。